双極性障害と向き合おう【遺伝や生まれつきの気質が関係している】

サイトメニュー

メンタルヘルスについて

男性

精神的疾患の理解と対応

古くは躁うつ病とよばれていた「双極性障害」は、躁状態とうつ状態が定期的に繰り返される精神疾患です。躁状態では過活動や気分の高揚などの症状が現れ、うつ状態では意欲の低下や気分の落ち込みの症状が現れます。厚生労働省からは日本人の0.7%の方が罹患しているという報告もあり、多くの人が悩んでいる病気です。双極性障害は、その病状によって二つに分けられます。一つは1型といい、寝ないで活動し続ける、極端な浪費・消費をする、ささいなことでも激しく怒るなどの躁状態が一週間以上も継続するものです。著しく社会生活に支障が出る場合もあり、入院治療が必要と判断されることが多くあります。もう一つの2型といわれるタイプは、やはり躁状態が続くのですが、入院治療にまでは至らない「軽躁状態」と呼ばれる病状です。現代では今までうつ病と診断されていた方の中に、双極性障害2型の方達もいることがわかりました。症状は似ていても、うつ病と双極性障害2型では、治療の方法が違いますので、注意が必要となります。病院におけるうつ病の治療は、抗うつ薬が使われますが、双極性障害2型の人達が抗うつ薬を使っても、効果がないばかりではなく、抗うつ薬によってうつ状態がおき、精神の不安定さが増してしまい逆効果になることすらあります。うつ病の方が、軽躁状態のときは、気分が楽になり、心地もよいので病気はあまり問題にならないのですが、軽躁状態は長く続かないので、すぐに気分が落ち込むなどのうつ状態になってしまいます。しかし、近年になって、このような病状のときは、抗うつ薬ではなく、気分安定薬を使う、双極性障害2型の治療が効果的であることが分かってきました。生活のリズムが乱れると、双極性障害2型の人達の病状が悪化することも多いので、社会リズム治療という、心身が落ち着くリズムで日常生活を送るプログラムを実践する治療機関もあります。現在では、うつ病の治療とは別に、双極性障害に対する治療が見直されています。しかし、各治療機関において対応に差が見られることもありますので、治療にあたっては、双極性障害をよく理解していて、その治療を専門とするような病院を活用するとよいでしょう。