双極性障害と向き合おう【遺伝や生まれつきの気質が関係している】

サイトメニュー

メンタル的にもケアしよう

男の人

再発させないために

気分安定薬や抗うつ剤を使った治療も行われますが、双極性障害は薬物療法だけでは治り難い場合もあります。そんな時に受けてみると良いのがカウンセリングであり、メンタル的なケアを行うことで、薬が効き難い人でも改善効果を望めるのです。臨床心理士などがいる精神科なら大抵カウンセリングを受けられるため、病院を探す時はチェックしてみると良いでしょう。とにかく双極性障害は治っても再発しやすい病気ですから、メンタル面も改善して再発防止に努めるのが肝心です。基本的にうつ状態の時はうつ病のカウンセリングと同内容になりますが、躁状態の時でも気持ちを親身に受け止めてもらうことで、症状が弱まる場合も珍しくありません。例えば、躁状態が強く出るタイプの双極性障害では高額な買い物をすることも増えますが、カウンセリングによって購入欲求が抑えられるケースも多々見られるのです。そこで、夜遊びや高価商品の衝動買いなど、この病気特有の浪費行動でお悩みなら、カウンセリングを試してみましょう。医師の服薬指導を守り、自分の判断だけで服用を中止しないことが、双極性障害の治療では不可欠です。症状が落ち着き、もう大丈夫そうだと感じましても、服薬を中断すれば大抵症状が再発します。悪くすれば慢性化の下地を作ってしまうため、それを心に置き留めて治療を続けましょう。自分だけは絶対に再発しないなど、根拠のない判断は避け、医師の下で病変をコントロールしていくのが肝心です。また、躁状態の時は至って元気ですから、病院へ通う必要性が全く感じられないかもしれません。ですが、それは双極性障害の症状でもあるので、予約が入っている時は予定通り精神科を受診してください。この病気を発症すると財産や権力があると錯覚する場合が多く、お金の使い方や他人への接し方が乱暴になりやすいため、気分が良い時でもキチンと診てもらいましょう。そして、双極性障害は1度の徹夜で症状が悪化するケースもありますから、症状が落ち着いてきた場合でも油断はできません。ですから、病院での治療成果を高めるためにも、規則正しい生活を維持するのは大切な心構えです。