双極性障害と向き合おう【遺伝や生まれつきの気質が関係している】

サイトメニュー

良い医師のいる病院

診察

良い病院は予約が必要

双極性障害は、うつ病と誤診されやすい病気です。そもそも双極性障害とはどういう病気なのかと言いますと、よく知られているうつ病の症状と、感情のコントロールができないほどのハイテンションな状態となる躁の症状が交互に現れる精神的病です。なぜうつ病と誤診されやすいのかといいますと、躁の状態が病気と認識できないことがあり、それを「おかしい」と感じず医師に伝えないことからうつ病と診断されてしまうことがあるためです。双極性障害とうつ病は治療法が違い、処方される薬も変わってきます。もし処方された薬で症状が治まるように感じなければ、ちゃんと医師に伝えなければなりません。そのときに、しっかり患者の話に耳を傾けてくれれば、その医師のいる病院は良い病院と判断できます。医師によっては、ちゃんと話を聞いてくれない人もいるため、そのような医師の場合は勇気を出して病院を変えることも、病気を治すための手段となります。話を聞いてくれる医師と出会うことで誤診されても後々わかるようになり、すぐに治療法も変えて治せるよう切り替えてくれます。しかし良い医師のいる病院は、患者が多いと言われています。そのため、診察を受ける場合はまず、予約をすることが望ましいです。予約をしないでそのまま病院を訪ねても、患者が多い場合は診てもらうことができないときもあります。病気を診てもらうためにいったはずが、診てもらえなければ病院へ行った意味がありません。双極性障害はちゃんと治さなければ、生活に支障をきたすこともあります。とくに躁の状態となれば、なぜか無心にお金を使いすぎて借金する人もいれば、他人の迷惑を顧みずに弾丸トークで追い込む人もいます。なかには、警察にお世話になるような行為に出てしまう人もいます。そんなテンションになっていたはずが、今度は自尊心が低下し、落ち込みが激しくなる状態になるなど、自分の意思ではどうしようもない精神に狂わされてしまいます。そのような状態となれば治療が必要になることもあり、そうなれば通院が要されます。双極性障害をちゃんと治すため、定期的に診てもらうことができるようにするためにも、病院で予約をすることは重要なことです。