双極性障害と向き合おう【遺伝や生まれつきの気質が関係している】

サイトメニュー

うつ病に似た気分障害

ハートと聴診器

そうとうつが繰り返される

双極性障害というのは気分障害の一種です。いわゆる「気分がハイになる」状態のそう状態(そう病エピソード)と気分が沈むうつ状態(うつ病エピソード)を周期的に繰り返すのが特徴です。かつては「そううつ病」と呼ばれていました。双極性障害は、症状の起こり方によって2種類に分類されています。そう状態とうつ状態の感情の起伏が激しいものを「双極1型」、感情の起伏が軽いものを「双極2型」と呼びます。うつ状態の時に発見されることが多く、双極性障害の診断は容易ではないことから、うつ病と診断されたまま気づかないことも少なくありません。うつ病患者の1割に双極性害の人が混じっている、ともいわれています。ただ、うつ病は日本人の5人に1人が生涯に1度は経験すると言われるほど発症率が高い病気ですが、この病気は発症率が1%以下とそれほど多くはありません。うつ病は適切な治療をすれば治りやすいかたわら、この病気は完全には治りにくく一生付き合うことになりやすいので、病気を正しく理解して適切なケアをすることがのぞまれます。双極性障害の症状は、うつ状態とそう状態で大きく変化するのが特徴的です。うつ状態のときは、うつ病と同じく気分が落ち込み、やる気が出なくなったり悲観的になったりします。倦怠感や睡眠障害(不眠や過眠)を伴い、症状が深刻な場合には生きることに興味を失ってしまう場合もあります。一方、そう状態では人が変わったように元気になり、アイデアを次々出したり饒舌になったりするのが特徴です。自分は偉くなったような気持ちになってエネルギッシュに活動するところは、周囲から見ると言動は少し不自然に感じられることもあります。中には、気が大きくなってギャンブルや浪費に走り、大きなトラブルを起こすケースもあるようです。双極性障害の原因は、はっきり解明されていませんが、遺伝や生まれつきの気質が関係しているとも考えられています。どのような性格の人でも発症する可能性はありますが、もともと社交的でよく気の付くタイプの人にこの病気の患者が多いともいわれます。ストレスがきかっけで発症しやすいところはうつ病と同じです。

男性

メンタルヘルスについて

精神の不安定さに悩み、医療機関で治療を実施していても症状が改善しない場合は、主治医にうつ病か双極性障害かの判定依頼や、治療の方向などについて、よく相談をして、場合によってはセカンドオピニオンを利用するなどの方法も検討するとよいでしょう。

詳しく見る

診察

良い医師のいる病院

双極性障害はうつ病の状態と躁の状態が交互にあらわれる精神的病です。ちゃんと直せるよう良い病院で見てもらうことが大切ですが、良い医師がいる病院は患者が多いため、まず通院する前に予約をすることが必要になることもあります。

詳しく見る

男の人

躁とうつが交互に現れる

双極性障害とは躁とうつが交互に現れ、躁の時は元気でもうつになると極端に落ち込みやる気がなくなります。そして双極性障害になると早期治療が必要です。精神科での治療は薬物による治療になりますが、健康保険が使えるので初診も5000円内で済みます。

詳しく見る

ハート

放置は極めてリスキー

多大な借金をはじめ人間関係の崩壊、そして運転中には命に関わるクラッシュを起こしかねないなど、双極性障害を放置しておくのは大変危険です。この病気は再発しやすいため、治っても精神科医の指示に従って薬を飲み続け、双極性障害の再発を防ぎましょう。

詳しく見る

男の人

メンタル的にもケアしよう

薬が効き難い人でもカウンセリングを受ければ衝動買いを抑えられるなど、双極性障害の治療ではメンタル的なケアも重要になります。病院でこの病気を治す時は規則正しい生活を基本に、気分が良い時でも精神科へ通い、医師の指示に従って治療するのが心構えです

詳しく見る

人気記事

男性

メンタルヘルスについて

精神の不安定さに悩み、医療機関で治療を実施していても症状が改善しない場合は、主治医にうつ病か双極性障害かの判定依頼や、治療の方向などについて、よく相談をして、場合によってはセカンドオピニオンを利用するなどの方法も検討するとよいでしょう。

詳しく見る

診察

良い医師のいる病院

双極性障害はうつ病の状態と躁の状態が交互にあらわれる精神的病です。ちゃんと直せるよう良い病院で見てもらうことが大切ですが、良い医師がいる病院は患者が多いため、まず通院する前に予約をすることが必要になることもあります。

詳しく見る

男の人

躁とうつが交互に現れる

双極性障害とは躁とうつが交互に現れ、躁の時は元気でもうつになると極端に落ち込みやる気がなくなります。そして双極性障害になると早期治療が必要です。精神科での治療は薬物による治療になりますが、健康保険が使えるので初診も5000円内で済みます。

詳しく見る